アルソックの・ALSOK「見守り情報配信サービス」

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。

離れて暮らす高齢の家族がいる場合、何かあった時に気付いてあげられるかどうか、そして迅速に対応できるかどうかが大事になってきます。アルソックの高齢者見守り転倒

アルソック・ALSOKは、急成長しているセキュリティ会社、サービス網や警備会社ならではのノウハウを活かし、高齢者の見守りサービスにも力を入れています。

アルソックの高齢者向けのサービスは5タイプ。

その中に「見守り情報配信サービス」というセンサーを使った高齢者の見守りサービスがあります。

「アルソック見守りサポート」のオプションのひとつで、自宅に設置したセンサーで日常の動作を24時間見守り、定期的にメールで状況を知らせてくれるというものです。

もちろんガードマンによる緊急時の駆け付けもあります。
アルソックの見守り
たとえば本人のSOS発信だけでなく、
見守る側の依頼で現場確認に急行してもうこともできます。

大丈夫だとは思うけれど、確認に行けないので様子を見てきてほしい…という時にも出動を依頼できます。

オプション(有料)ですが、駆けつけられない距離に住む家族にとって、一番必要と思われるサービスではないでしょうか。

アルソックはセキュリティ業界のNo.2と言われていますが、リーズナブルで警備業一筋にシェアを拡充してきた実績があります。

特に料金体系や価格ではかなり頑張っているので、高齢者の見守りも3000円前後からと、検討しやすい価格設定になっています。

料金とサービスについてさらに詳しく見ていきましょう。

アルソックの見守り情報配信サービス 概要

「見守り情報配信サービス」は、アルソックの「見守りサポート」に空間センサー(人感センサー)をオプションで装備したもの。

カメラによる見守りを敬遠するかたでも、センサーによる見守りはプライバシーも守られるので導入しやすくなります。

生活動作が正常かどうかを24時間センサーで見守り、見守り情報はあらかじめ登録したアドレスに配信されます。

見守る間隔は自由に設定可能

見守りのスタイルは、見守られる側のプライバシー、見守る側の負担にも配慮して3タイプから選択します。

【定期連絡】… 設定した間隔ごとに動作の有無を通知
【定刻連絡】… 指定した時刻に状況を通知
【異常通知】… 設定時間内に動作を感知できない時のみ通知

※お知らせの間隔は5分~900分まで、設定は自由に選択できます。

どこにいても情報が届く
スマホや携帯電話で確認できるように設定することで、外出先で見守ることも可能です。

本人からのSOSですぐに出動!
緊急時には非常ボタンを押すだけでアルソックの隊員がすぐに駆け付けます。

家族の駆けつけ依頼にも即対応
これが一番心強いサービス。
見守る側の依頼があれば、アルソックの隊員が即、現場確認に急行してくれます。オプション(有料)ですが、駆けつけられない距離に住む家族にとって、一番必要と思われるサービスです。

アルソックの見守り情報配信サービスはこんな人におすすめ


アルソックの見守り情報配信サービスは、離れて暮らす親の安否が気になる方、また持病があって体調不良や発作、転倒などが心配…というような方におすすめのサービスです。

離れて暮らす親が心配な時、様子を見に行きたいけれど行くことができない、また安心して頼める人がいない場合、気兼ねなく依頼でき、万が一の場合に備えることができます。

配信のタイミングは生活リズムに合わせて設定できるので、見守る側も見まもられる側も、ストレスがありません。

月額料金について

月額料金は、設置機器を買い取るか、レンタルするかで変わってきます。

料金プラン月額料金工事費機器代
初期費用
買い取り2200円14000円48200円
レンタル3110円14000円
ゼロスタート3800円

実際に選ばれているのは…

実際にサービスを利用する場合、ほとんどの方に選ばれているのがレンタルプランです。

ゼロスタートプランは工事費を月額費用に組み込んであるので、その分月額費用が高めに設定してあります。

ゼロスタートプランにするか、レンタルプランにするかは利用期間で決めるのがおすすめです。

1年8か月以上利用するのであればレンタルがお得。それ以降は使い続けるほどに差が出てきます。

機器の買い取利は、あまりおすすめしていません。
機器を買い取ると月額料金は抑えられますが、一定期間経過後は故障やメンテナンス費用が発生するからです。

レンタル、ゼロスタートプラン、買い取りの3つの中で一番選ばれているのは「レンタルプラン」です。

離れて暮らす親の見守りについて

高齢者の生活も、元気な内はポットやガスの見守りサービスでも充分かも知れません。しかし、ポットやガスなどの利用状況の通知だけでは、やはり限界がみえてきます。

緊急通報サービスや緊急時の出動を希望するので有れば、見守り実績のある「ホームセキュリティーサービス」を検討してみるのも一つの選択肢です。

費用が気になるかもしれませんが、月額3000円前後から利用できます。
まずは価格や仕様を知るためにも、資料を請求してみてはいかがでしょうか。

資料請求の際は、必ず数社から資料を取り寄せ、様々な角度から比較検討なさることをお勧めします。
価格・仕様に加え、スピード・資料請求後の対応もチェックします。
スピードは重要。
その会社の緊急時の対応を知るための大きな要素になります。

【資料請求先(無料)はこちら】

ALSOKみまもりサポート

⇒セコムの高齢者 安否見守りサービス

☆高齢者見守り関連ページです。よければ併せてご覧下さい
セコムの安否確認(高齢者見守り)
高齢者見守り比較
セコムの新サービスマイドクタープラス
セコムの画像伝送システム(カメラによる見守り)
徘徊・認知症にはココセコム

郵便局の高齢者見まもりサービス(訪問型)
『象印 みまもりホットライン』(高齢者見守りサービス)
ドコモの見守り 高齢者の安否確認なら「つながりほっとサポート」
高齢者向けの宅配弁当、口コミでも評判の「ワタミ」は見守りにも対応

高齢者施設に素早く入居するには…
高齢者施設の費用の相場は、地域や施設の種類、設備によって大きく異なります。

施設の入居に際して、実際にどのくらいの費用がかかるのか、またどのような施設がどこにあるのか情報が欲しいと思われる方も多いのではないでしょうか。
高齢者施設・老人介護施設について、無料で情報提供・各種相談に応じている専門機関や紹介施設もあります。

老人ホームや介護施設への入居は思ったより時間がかかるものです。素早く入居するには、気になる施設をピックアップし、資料請求や見学予約を手早く行うことで、入居までの期間を短くすることができます。

高齢者施設を簡単検索 LIFULL
希望の地域の老人施設情報を簡単に調べられ、資料請求できます。 老人ホーム・高齢者施設検索サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!
高齢者見守り 比較