アルソックの見守りペンダントは一人暮らしの老人むけ緊急ボタンとして自治体の採用No1!

  • URLをコピーしました!
アルソックの高齢者見守りサービス

(引用元:アルソック

アルソックの見守りペンダントは、ホームセキュリティの「みまもりサポート」オプションとして人気の、携帯型の緊急ボタン。

月額利用料金も154円(税込み)という気軽な料金設定で、一人暮らしの老人を見守る緊急ボタンとして取り入れられています。

アルソックの高齢者見守りサービスは、日本全国の市町村などの自治体でも採用されているんですよ!

今回はアルソックの見守りペンダントについて、詳しくお話ししようと思います。

スポンサーリンク
目次

アルソックの見守りペンダントを使うには

一人で暮らす高齢の親がいると、万が一のことがあったらどのように対応できるだろうかと心配になりますよね。

外出先であれば、まだ誰かが見つけて救急車の手配をしてくれるかもしれませんが、家の中で倒れた場合、見つけてもらえる可能性は低くなります。

アルソックの見守りペンダントは高齢者の万が一に対応した、緊急事態を知らせ、駆けつけてくれる、携帯型の「見守りペンダント」です。

自宅内で使える無線式のペンダントで、ボタンを押すことでアルソックに緊急発報することができます。

そんな万が一に心強い緊急ボタンですが、見守りペンダントは単体ではつかえません。

それは、小型のペンダント単体では発信力が弱いためです。

親機であるコントロールパネルを経由することで、サポートセンターへの緊急通報が完了するというシステムになっています。

これはアルソックに限らず、セコムの「マイドクター」でも同じです。

そのため、アルソックの見守りペンダントを使うには、まず高齢者の「みまもりサポートプラン」に加入した上で、オプションとして利用することになります。

アップルウォッチで高齢者見守り!離れて暮らす親にApple watchを持たせるメリット

アルソックの見守りサポートとは

アルソックの「みまもりサポート」は、離れて生活する一人暮らしの親を安心せて過ごせるようサポートしてくれるサービス。

このようなサービスを受けることができます。

万が一の時の「駆けつけ」からちょっとした体調に関する「相談」など、操作しやすいコントローラーで24時間、365日、見守ってくれるアルソックのサービスです。

「みまもりサポート」は月額1870円~

一番利用者が多いのは初期費用が要らない「ゼロスタートプラン」です。

見守りペンダントは、この「みまもりサポート」のオプションとして月額154円で利用できるサービス。

熱中症の注意喚起や、緊急通報メールを読み上げてくれる機能も基本料金で利用できるので、温度を感じにくいお年寄りを優しく見守ってくれます。

離れて暮らす家族を見守る    
必要なサービスのみ選べるので経済的
待機拠点も多く駆けつけにも安心の対応
※無料の資料請求はコチラ

アルソックの見守りペンダントのメリット・デメリット

アルソックの見守りペンダント本体
(引用元:アルソック)

一人暮らしの老人の緊急ボタンとして、広く採用されているアルソックの「見守りペンダント」。

万が一の時に緊急ボタンを押すことでアルソックに通報できること、宅内を持ち歩けるというメリットがあります。

では、デメリットはないのか、リサーチしてみました。

デメリットは何と言っても、ペンダント単体では利用できないところ。

月額料金は154円(税込み)ですが、見守りペンダントを使うにはアルソックの「みまもりサポート」プランへの加入が大前提となります。

<<ALSOKみまもりサポート料金プラン>>

お買い上プランレンタルプランゼロスタートプラン
月額 1870円月額 2750円月額 2970円
工事費13200円 機器代52800円工事費13200円 機器はレンタル初期費用0円 機器はレンタル
長く使う予定(4年4か月以上)使う場合におすすめ一定期間利用したい場合におすすめ初期費用をかけずに始めたい場合におすすめ

またアルソックの「見守りペンダント」はペンダントといっても少し大きめかなと感じます。(手で握り込めるくらいの大きさで、重さは65gほど)

アルソック 見守り ペンダント
(引用元:アルソック

これは同じ見守りペンダントのセコム「マイドクター」も同じで、どのメーカーも大きめに作られているようです。

おそらく、小さいと失くしてしまったり、いざという時に見つからなかったり、緊急時にぎゅっと握り込める形を研究された上でのサイズなのでしょう。

大振りなのは、結局デメリットなのではなく、考えられたサイズ、形状だからのようです。

ワタミの高齢者向け宅配弁当!口コミでも評判の見守り安否確認サービス上手な利用方法

アルソックの駆けつけ料金について

緊急通報した場合の駆けつけ料金はいくらかかるのか、こちらも知っておきたいですよね。

アルソックに駆けつけてもらう場合、センサーが異常を感知してガードマンが駆けつけた場合は無料。

見守りペンダントの緊急ボタンを押した場合も、自宅への駆けつけは無料。

何度でも無料で駆けつけてもらえます。

流れとしては、ボタンを押したら、まずコントローラーのスピーカーから声掛けがあります。

アルソックサポートセンターの職員が声掛けをした時に応答がなかったり、緊急を察知した場合、緊急出動として隊員が現地へ駆けつけて対応してくれます。

他にも、家族から「一人暮らしの親と連絡が取れず見に行って欲しい」などの要請があれば対応しています。

家族からの依頼の場合は1回につき3300円(税込み)の出動料金がかかります。

一人暮らしの親を見守る生存確認アプリ3選!スマホで高齢者の安否確認できる無料版アプリを徹底比較!

アルソックの見守りペンダント まとめ

アルソックが提供している見守りペンダントについて、使い方、メリット、デメリット、料金についてお話してきました。

一人暮らしの親がいると、緊急時に駆けつけられない分、離れていても見守ることのできるサービスがとても大事です。

今必要なサービスも大事ですが、これからどのような見守りが必要になっていくのか視野に入れおかなければなりません。

今現在、そしてこれから数年の間に必要になるであろう見守りは何かをリストアップして、それをカバーできるサービスを選ぶのがポイントです。

高齢者の見守りサービスは色々なサービスや商品がありますが、まずは情報を集め、また見守られる側の気持も確認しながら、安心して毎日を過ごせるものを選ぶことが大事です。

離れて暮らす家族を見守る    
必要なサービスのみ選べるので経済的
待機拠点も多く駆けつけにも安心の対応
※無料の資料請求はコチラ

セコムの高齢者見守りサービス 料金設定&サービス徹底調査!一人暮らしの親の安否確認から駆けつけまで

セコムマイドクターウォッチの料金と評判は?転倒検知のついたリストバンド型の高齢者見守り端末

セコム「みまもりホン」の評判は?親の見守りで選ばれる5つの理由!

郵便局のみまもりサービスの評判は?セコムやアルソックの高齢者見守りと比較してみた

目次