老後の資金

リースバックの仕組みと老後資金を調達する際、絶対に知っておきたいデメリット

リースバックとは、今住んでいる持ち家を売却しまとまったお金を手に入れながら賃貸物件として住み続ける方法です。老後の資産活用術のひとつとして注目されつつあるしくみでここ数年急速に利用が広まっています。売却した代金は一時金で受け取ることができますがデメリットも大きいためトラブルリスクをよく理解した上での利用が大事です。
高齢者見守りサービス

見守りポットの料金は?象印の【アイポット】メリット・デメリット

見守りポットの料金は?象印の【アイポット】メリット・デメリット。象印が提供している「みまもりホットラインiPOT (アイポット)」は、一人で暮らす高齢者の日常を、さりげなく見守る安否見守りサービスです。
高齢者見守りサービス

【ネスカフェコネクト】バリスタとLINEを使ったネスレの見守りサービス

ネスレジャパンも安否見守りサービスを展開しています。コーヒーメーカー(バリスタ)を使った見守りです。アプリに登録し使用履歴で安否確認が可能です。無料キャンペーンあってます
高齢者住宅・施設(健常型)

高齢者の地方移住 米国版とはどこが違う?日本版CCRCの問題点

ここ数年注目されているのが高齢者の移住支援(首都圏から医療・介護に余力のある地方への高齢者の移住を支援する)日本版CCRCです。CCRCは1970年頃からアメリカで急増した高齢者コミュニティで、老後を豊かに過ごすための理想的な共同体といわれています。
高齢者見守りサービス

郵便局の見守りサービスの評判は?セコムやアルソックと比較してみた

郵便局の見守りサービス、最近はテレビCMも流れるようになりました。郵便局の高齢者みまもりサービスは、地元に密着型の郵便局の強みを生かした訪問や電話による高齢者向け安否確認サービスで「駆けつけサービス」のオプションを付けることもできます。高齢者の安否確認・見守りサービスとしてのメリットデメリットを徹底調査しました
高齢者見守りサービス

マイドクターウォッチ外出先でも安心の見守り!気になる値段と評判は?

セコム(secom)マイドクターウォッチはリストバンド型のウエアラブル端末を使った高齢者見守りサービスです。新機能として転倒検知が付き自宅内外で利用が可能となりました。今回はドクターウォッチについて値段評判どんな人におすすめかをまとめていきます。
高齢者見守りサービス

ココセコム・SECOM(位置情報確認・緊急通報サービス)

ココセコム・SECOM(位置情報確認・緊急通報サービス)
高齢者見守りサービス

セコムの安否確認(高齢者見守り)

セコムの安否確認(高齢者見守り)セコム(SECOM)の長年の経験と実績は、高齢者の見守りにも生かされています。全国に業界最多の2,830箇所に拠点があるので、いざという時すぐに駆けつけられない遠くに住む家族にとって、セコムの安否確認はとても心強いサービスだといえるでしょう。
高齢者見守りサービス

セコム(secom)の新サービスマイドクタープラス

セコム(secom)の新サービスマイドクタープラスセコムの強みはなんといっても発進拠点の多さです。その数は業界最多の全国2,830箇所あまり。駆けつけてほしい時の対応に差がでるのはこのためではないでしょうか。
高齢者見守りサービス

高齢者向け配食サービス 考える時期と選ぶポイント おすすめ7社はコレ

高齢者向け配食サービス 選ぶポイント おすすめ7社メリットデメリット徹底比較!今回は高齢者向けの配食サービスを検討するタイミング、また配食サービスを選ぶ際のポイントについてまとめてみました。おすすめ7社についても、細かく比較していきますので選ぶ時の参考にしてくださいね。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました