グループホームの費用の相場 グループホームの費用は減額できる?

グループホームの入居費用は公的な基準がなく、費用に関する詳しい内訳は施設ごとに違うので、見学の時などにしっかり聞いておくことが大事です。グループホームには部屋代や食事代の負担を軽減する減額制度はありませんが、経済的な負担を軽くする方法はあります。

高齢者向け優良賃貸住宅制度とは

高齢者向け優良賃貸住宅は、高優賃(こうゆうちん)とも言われ、手すりの設置や段差解消など、高齢者向けのバリアフリーに対応した賃貸住宅です。また高齢者向け優良賃貸住宅は所得によって最大40%の家賃補助(家賃の助成)が受けられるところも大きな特徴です。

シルバーハウジング(高齢者専用住宅)の費用と主な設備・サービス

高齢者専用住宅は「シルバーハウジング」「シルバーピア」とも呼ばれている高齢者向けの公営住宅です。高齢者専用住宅は収入によって家賃補助があるので一般の賃貸住宅よりも安く、安否確認・緊急通報装置など老人でも安心して暮らせるよう整えられています。

老健の費用が払えない…老健の費用を軽減できる減免制度があります

老健(介護老人保険施設)は介護保険を利用でき費用が安いことから人気があります。老健の費用が払えないなどの場合は、利用者負担限度額認定の減免制度を利用して、一定額以上の支払いを免除してもうのも一つの方法です。老健の費用が払えないからといってあきらめないで自分が対象となるか確認してみましょう。

特養の入所基準 (特別養護老人ホームへの入居を早める方法とは?)

特養(特別養護老人ホーム)の入所にあたっては要介護度をはじめとする入所基準があり、細かく点数化された入所基準の合計点を基に入所の判断がなされています。今回は特養(特別養護老人ホーム)の入所条件、また入りやすくなる方法についても併せてまとめます。

特別養護老人ホームの費用はいくら?減免制度を利用してさらに安く

特別養護老人ホームは費用が安いといわれていますが介護保険費用、食費、住居費を合わせると負担は大きいです。今回は特別養護老人ホームでかかる月々の費用、また費用負担を軽減するための利用者限度額認定・利用者負担軽減制度などの減免制度に焦点を当てていきます。

高齢者の相談窓口として活用したい「高齢者相談センター」

高齢者の相談窓口である高齢者総合相談センターは「シルバー110番」とも呼ばれています。地域によっては「高齢者相談センター」「高齢者支援センター」「シルバー110番」などの名称になっていて、一般的な相談から様々な悩みまで専門家が無料で対応しています。

error: Content is protected !!
高齢者見守り 比較