都市型軽費老人ホーム 施設の特徴と料金(月額費用)

都市型軽費老人ホームは経済状況や家庭環境などの事情で自宅で生活を送ることが困難な高齢者を受け入れています。今回は都市型軽費老人ホームの特徴や料金(費用)、入所基準、提供されるサービス、設備、入所の難易度から申し込み方法も含めてご紹介したいと思います。

ケアハウス 費用の相場は一体いくら?入居一時金と月々の費用の目安

ケアハウス 費用の相場はどのくらいで、支払った初期費用は戻ってくるのでしょうか?ケアハウスに入居する際は初期費用(入居一時金や保証金)と月額費用を合わせた額が必要です。一般型(自立型)と介護型(特定施設)があり、それぞれ入居時に必要な費用は違います。

軽費老人ホームとケアハウスの違い(費用・入居条件などの特徴は?)

軽費老人ホームとケアハウスとの違いは要介護に対応しているかどうかにあります。ケアハウスは介護が必要な状態になっても住み続けられ今後軽費老人ホームの改築にあたってはケアハウスに統一されることが決まっています。

リバースモーゲージの条件とは?不動産担保型生活資金との違いは何?

リバースモーゲージは自宅を担保にした融資制度でその家に住みながら貸付を受けられるのが大きな特徴です。民間の金融機関と社会福祉協議会が実施しているリバースモーゲージ(不動産担保型生活資金)があります。利用条件を中心にメリットやリスクも含めて見ていきましょう

「マイホーム借り上げ制度」の活用で移住・住み替え後の収入を確保

マイホーム借り上げ制度は移住・住み替え支援機構が行っている制度で、マイホームを借上げ住み替え支援機構が仲介者となり転貸します。50歳以上のシニアが対象で借り手が付かない場合でも賃料が保証されるのが大きな特徴です。所有権は維持したまま、老後の資金を確保できます

横浜市高齢者向け優良賃貸住宅 物件は2300戸超で家賃補助も!

高齢者向け優良賃貸住宅は2011年に制度が廃止されましたが、横浜市では「横浜市高齢者向け優良賃貸住宅制度」として引き続き運営されています。今回は入居資格や募集について、また高優賃に入れなかった時の賃貸住宅の探し方も含めて紹介していきます。

「高齢者向け優良賃貸住宅」家賃補助は収入によって最大40%

高齢者向け優良賃貸住宅は収入によって最大40%の家賃補助が受けられる60歳以上を対象としたバリアフリー住宅です。高齢者向け優良賃貸住宅の家賃補助額は補助要領に沿って決定します。平成23年に制度は廃止されましたが「地域優良賃貸住宅制度」として引き続き運営されています。

高齢者の地方移住 米国版とはどこが違う?日本版CCRCの問題点

ここ数年注目されているのが高齢者の移住支援(首都圏から医療・介護に余力のある地方への高齢者の移住を支援する)日本版CCRCです。CCRCは1970年頃からアメリカで急増した高齢者コミュニティで、老後を豊かに過ごすための理想的な共同体といわれています。

error: Content is protected !!
高齢者見守り 比較