「マイホーム借り上げ制度」の活用で移住・住み替え後の収入を確保

マイホーム借り上げ制度は移住・住み替え支援機構が行っている制度で、マイホームを借上げ住み替え支援機構が仲介者となり転貸します。50歳以上のシニアが対象で借り手が付かない場合でも賃料が保証されるのが大きな特徴です。所有権は維持したまま、老後の資金を確保できます

横浜市高齢者向け優良賃貸住宅 物件は2300戸超で家賃補助も!

高齢者向け優良賃貸住宅は2011年に制度が廃止されましたが、横浜市では「横浜市高齢者向け優良賃貸住宅制度」として引き続き運営されています。今回は入居資格や募集について、また高優賃に入れなかった時の賃貸住宅の探し方も含めて紹介していきます。

「高齢者向け優良賃貸住宅」家賃補助は収入によって最大40%

高齢者向け優良賃貸住宅は収入によって最大40%の家賃補助が受けられる60歳以上を対象としたバリアフリー住宅です。高齢者向け優良賃貸住宅の家賃補助額は補助要領に沿って決定します。平成23年に制度は廃止されましたが「地域優良賃貸住宅制度」として引き続き運営されています。

高齢者の地方移住 米国版とはどこが違う?日本版CCRCの問題点

ここ数年注目されているのが高齢者の移住支援(首都圏から医療・介護に余力のある地方への高齢者の移住を支援する)日本版CCRCです。CCRCは1970年頃からアメリカで急増した高齢者コミュニティで、老後を豊かに過ごすための理想的な共同体といわれています。

高齢者の一人暮らし でも入居を拒否されない賃貸住宅 5選

高齢者の一人暮らしで賃貸物件を探しても高齢であることを理由に入居を拒否されるという話をよく耳にします。年を取ると賃貸住宅を借りられない、借りにくいと言われていますが高齢者の一人暮らしでも拒否されない賃貸住宅5種類をご紹介したいと思います。

マイドクターウォッチ外出先でも安心の見守り!気になる値段と評判は?

セコム(secom)マイドクターウォッチはリストバンド型のウエアラブル端末を使った高齢者見守りサービスです。新機能として転倒検知が付き自宅内外で利用が可能となりました。今回はドクターウォッチについて値段評判どんな人におすすめかをまとめていきます。

error: Content is protected !!
高齢者見守り 比較