アルソック「まもるっく」の評判は?高齢者の見守りで選ばれる理由

  • URLをコピーしました!
アルソックの見守り

アルソックALSOK)は高齢者の見守りにも力をいれています。

2020年にリニューアルされた「まもるっく」というモバイル見守り端末では、「スマホ」に「緊急通報」「駆けつけ」「見守る」などお年寄りに必要な機能を加え、旧型の「まもるっく」をさらに進化させました。

アルソックのまもるっく

(引用元:ALSOK)   

ホームセキュリティのサービス網や警備会社ならではのノウハウを、見守りにも活かしているんですね。

今回はさまざまな機能をもつ「まもるっく」について、便利な機能、料金、そしてどんな人におすすめか、また評判はどうか、問題点も含めてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
目次

アルソックの「まもるっく」について

離れて暮らす親を心配する声はとても多いけれど、だからといってお互い今の生活を変えることは難しいのが現実です。

一人暮らしの親との連絡手段に使っている電話機を、「見守り」と「駆けつけ」に対応したものに変えることで、万が一の時に駆けつけて助けてもらえるとしたら…どうですか?

アルソック(ALSOK)の見守り

アルソック(ALSOK)の「まもるっく」は、

見守る
見つける
駆けつける

そして話せる・知らせる

という、便利で安心の機能をもったGPS端末、使い方は簡単なのに、充実の見守りを実現しています。

そんなアルソックの「まもるっく」について、詳しく見ていきますね!

離れて暮らす家族を見守る    
必要なサービスのみ選べるので経済的
待機拠点も多く駆けつけにも安心の対応
※無料の資料請求はコチラ

アルソックの「まもるっく」リニューアルで スマホ型に進化

みまもる、見つける、駆けつけるの機能はそのままに、「まもるっく」は2020年4月からスマホタイプの見守り端末としてリニューアルしました。

これに伴い旧型の端末から

アルソック(ALSOK)の高齢者見守り「まもるっく」
(引用元:アルソック

新型のモバイル見守り端末になり
mamorukku1
(引用元:アルソック

旧型の「まもるっく」はサービス終了となっています。

携帯会社との契約は不要。

「まもるっく」との契約だけで、登録先7件まで不通にスマホ電話・メッセージ通信が利用できるのでリーズナブル(通話料金のみ携帯会社から請求が来ます)といえます。

新型はキッズケータイほどのサイズ。画面も大きくなって、また94gと軽いので持ち歩きやすく、シニアにやさしいスタイルになっています。

セコムの見守りペンダント「マイドクター」アルソッの救急ボタンと比較してみました!

アルソックの「まもるっく」にできること

「まもるっく」は持ち運び可能なモバイル見守りセキュリティサービス。

屋外での見守りに対応するためにGPS機能を搭載して、端末のひもを引っ張るだけでALSOKのサポートセンターに緊急通報、ガードマンへの駆け付けを依頼できます。

分かりやすく映像にまとめてあるのが以下の動画です。

特徴は大きく6つ

まもるっくの特徴6つ

●緊急時にアルソックに連絡できる
●まもるっくの位置情報をスマホやPCの地図で確認できる
●位置情報を基にALSOKに捜索してもらえる
●医師や看護師などに24時間、電話健康相談できる
●日常的なスマートフォン通信(7件まで登録可能)
●家族からの依頼でも駆けつけてもらえる

緊急時にアルソックに連絡できる

急な発作や具合が悪くなった時など、「まもるっく」上部のひもを引くことでアルソックサポートセンターにつながり、緊急発報が可能です。

サポートセンターとはハンズフリーで話すことができ、状況に応じてアルソックの隊員がGPSの情報を基に現地に駆けつけてくれます。

また通報がはいると、緊急連絡先に登録した先へ、ALSOKから状況と位置情報の連絡が入ります。

利用者本人に駆けつけの判断ができないときでも、家族からの要請でも駆けつけ対応してもらえるのでとても心強いです。

※旧型にあった、外出先で転んだり倒れた時の「転倒検知機能」は無くなりました。

まもるっくの位置情報をスマホやPCの地図で確認できる

「まもるっく」にはGPS機能が搭載されているので、端末の位置情報を見守る側のスマホやパソコンから確認できます。

「まもるっく」の位置情報の確認には、専用のサイトにログインすることで「位置検索サービス」を利用できます。

※旧型端末の位置情報検索は無料でしたが、リニューアル後から有料になました。
※位置検索サービスを利用する場合は、1回あたり5円の利用料金がかかります。

GPSを基にALSOKに捜索してもらえる

一人暮らしの高齢者見守りもALSOK
(引用元:ALSOK

「まもるっく」は内蔵のGPSで位置情報がわかるので、認知症で徘徊の心配がある場合など、駆けつけ依頼でガードマンが急行、GPSとの連携で居場所を特定し対応してくれます。

徘徊だけでなく、アルツハイマーなどで自分がどこに居るのかわからなくなった時にも位置情報を基に探すことができるというメリットがあります。

※ALSOKによる現地駆けつけ依頼は1回1時間当たり6600円の料金がかかります。
※本人の依頼でも、家族による依頼でも同じ駆けつけ料金で対応してもらえます。

医師や看護師などに24時間、電話健康相談できる

「まもるっく」には電話健康相談サービスがついていて、24時間、365日、医師や看護師などに体調や健康面での相談ができます。

時間にしばりがないので、夜間や緊急時にも対応してもらえるのでこの点は安心です。

日常的なスマートフォン通信ができる

アルソックのまもるっく

(引用元:ALSOK)

「まもるっく」はアルソックのサポートセンターだけでなく、日常的な通信機能も搭載されています。

家族や知人など、7件まで事前に電話番号を登録しておくことで通話やメッセージ通信が可能です。

ただ、通話料金が20円/30秒と割高なので、見守る側から定期的に電話を入れるなどの工夫が必要だなと感じます。

それでも携帯会社の基本料金くらいでアルソックの見守りがついていると考えると、リーズナブルに設定してあると思います。

見守り機能の他に、ふつうに電話をかける、電話に出る、伝言メモを聞く、メッセージを送る、音を変更する、予定を見る、時計・タイマー機能なども利用できるので、充分な機能かと思います。

アップルウォッチで高齢者見守り!離れて暮らす親にApple watchを持たせるメリット

アルソック「まもるっく」の評判は?

「まもるっく」の評判については、Twitterで調べてみると、防水機能がバッチリで良かったとのコメントがありました。

詳しい口コミはアルソックの公式サイトを確認ください。
[affi id=16]

まもるっく導入👍 pic.twitter.com/Cr4U6Ku46q — 水戸ちゃんこ(裏の人) (@chankomitoweb) July 6, 2021

アルソック「まもるっく」の料金は?

「まもるっく」の料金は、2022年8月現在レンタルプランのみとなっています。

<< まもるっく 料金プラン>>

  レンタルプラン
月額料金(税別) 1870円(税込)
機種料金(税別) 0円
初期登録費用 6600円(税込)
※3年経過後は1年ごとの自動更新となります。
※2022年9月現在の料金です。ご利用前にご確認ください。

追加でかかる料金

駆けつけサービス料金6600円/回(1時間まで・延長含め3時間まで)(税込)
GPS位置検索5円(1回)
SMS3円(1回)
通話料金20 円/30秒
※無料通話分はありません
※3年未満で解約の場合は解約料が発生します。

資料請求は無料なので、私も取り寄せてみました。

資料請求すると勧誘の電話がどんどんかかってくるのではないかと心配しましたが、そんな心配は不要でした。(全くかかってこなかった)

それよりも知りたいことがたくさんあって、こちらからフリーダイヤルに電話をかけて質問したくらいです。

「まもるっく」の資料請求してわかったこと

アルソックの見守り

webで資料請求したら、2日後には資料が手元に届きました。

驚きの速さでした。

さすがセキュリティ会社だけあって、対応が迅速です…。

一つ気になったのが、「まもるっく」は屋外に対応した見守りサービスなので、自宅での駆けつけには対応してません。

自宅に駆けつけてもらうには「見守りサポート」との契約が必要になるの事でした。

見守りサポートの「ゼロスタートプラン」2970円+まもるっく1870円

併用すると、合計4840円…となります。

それ以外、「まもるっく」のサービス自体には問題点は感じられませんでした。

というか、旧型よりも機能が充実した上に料金が変わらないということは、結果的に安くなったのと同じだと思います。

「まもるっく」の解約について

資料を見て注意しないといけないと思ったのは「まもるっく」の解約金の部分です。

解約の場合は30日前までにALSOKに解約日を記載した書面で通知しないといけません。

また、「レンタルプラン」の場合、契約は2年(その後1年ごとの自動更新)となるので、2年以内に解約した場合、機器代金の残額を支払うことになります。

解約料金
月額サービス料(税を除く)×解約月のよく月から起算して満了までの月数×0.33

お試し期間のようなサービスがあるといいのになぁとも思いますが、「まもるっく」は携帯電話と同じなので、それはなかなか難しいかもしれません。

高齢者の見守りアプリ7選!1人暮らしのお年寄りの孤独死対策として無料で使える安否確認スマホアプリ

「まもるっく」はこんな人におすすめ

離れて暮らす高齢の家族を見守りたい方、心臓病や高血圧などの持病がある方、足腰が少し弱ってきていて外出時の転倒が心配な方、また認知症などで徘徊が心配な高齢者にもおすすめです。

認知症で徘徊が心配な場合
エリア通知で家を出たことがすぐにわかります。
散歩に出かけて戻ってこない時や、帰りが心配な時など、位置検索で居場所を特定できるという安心感があります。

アルソック(ALSOK)「まもるっく」が選ばれる理由まとめ

アルソックの見守りサービス「まもるっく」について便利な機能、料金、そしてどんな人におすすめか、また評判はどうか、問題点も含めてご紹介してきました。

いかがでしたか?

「まもるっく」は、見守る、みつける、駆けつける、というアルソックの基本サービスを凝縮したような端末です。

スマホの半分にも満たないサイズなのに、もしもの時には迅速に対応できるしくみになっています。

小さなガードマンみたいですよね。

離れて暮らす家族が心配という悩みがある方、もっと詳しく知りたいと思われた方は、無料でもらえるパンフレットがネットから簡単に請求できるので、そちらを参考にされるといいと思います。

また、セコムにも「まもるっく」とよく似た「みまもりホン」というサービスがあります。

あわせて資料請求し、比較してみるのもおすすめです。

離れて暮らす家族を見守る    
必要なサービスのみ選べるので経済的
待機拠点も多く駆けつけにも安心の対応
※無料の資料請求はコチラ

資料請求は無料です
セコムなら様々な形で遠方の親を見守れます 
経験・実績豊富なセコムが駆けつけてくれます
全国ネットで出動拠点が多いセコムなら安心 

セコムの高齢者見守りサービス 料金設定&サービス徹底調査!一人暮らしの親の安否確認から駆けつけまで

セコムマイドクターウォッチの料金と評判は?転倒検知のついたリストバンド型の高齢者見守り端末

セコム「みまもりホン」の評判は?親の見守りで選ばれる5つの理由!

郵便局のみまもりサービスの評判は?セコムやアルソックの高齢者見守りと比較してみた

目次