高齢者向け自治体の制度

高齢者の相談窓口として活用したい「高齢者相談センター」

高齢者の相談窓口である高齢者総合相談センターは「シルバー110番」とも呼ばれています。地域によっては「高齢者相談センター」「高齢者支援センター」「シルバー110番」などの名称になっていて、一般的な相談から様々な悩みまで専門家が無料で対応しています。
高齢者住宅・施設(健常型)

高齢者専用賃貸住宅

◆高齢者住まい法の改正◆ 2011年10月サービス付き高齢者向け住宅の創設にともない、 既存の ・高齢者専用賃貸住宅 ・高齢者円滑入居賃貸住宅 ・高齢者向け優良賃貸住宅 の三つの制度は廃止されました。 ・高齢者専用賃貸住宅・高...
高齢者住宅・施設(健常型)

生活支援ハウスとは

生活支援ハウスとは 独立して生活するには不安のある人に 住まい・生活相談・緊急時の対応・地域住民との交流、などのサービスを提供する高齢者向けの福祉施設です。
高齢者施設の費用

軽費老人ホームとケアハウスの違い(費用・入居条件などの特徴は?)

軽費老人ホームとケアハウスとの違いは要介護に対応しているかどうかにあります。ケアハウスは介護が必要な状態になっても住み続けられ今後軽費老人ホームの改築にあたってはケアハウスに統一されることが決まっています。
高齢者見守りサービス

【ネスカフェコネクト】バリスタとLINEを使ったネスレの見守りサービス

ネスレジャパンも安否見守りサービスを展開しています。コーヒーメーカー(バリスタ)を使った見守りです。アプリに登録し使用履歴で安否確認が可能です。無料キャンペーンあってます
高齢者住宅・施設(健常型)

老人向けシェアハウス 北欧などに多いグループリビングという選択肢

シェアハウス、ルームシェアというと学生や若い世代のイメージですが、北欧などでは「グループリビング」といって、老人のシェアハウス(高齢者向けシェアハウス)のようなスタイルも多く見られます。
老後の資金

リバースモーゲージの条件とは?不動産担保型生活資金との違いは何?

リバースモーゲージは自宅を担保にした融資制度でその家に住みながら貸付を受けられるのが大きな特徴です。民間の金融機関と社会福祉協議会が実施しているリバースモーゲージ(不動産担保型生活資金)があります。利用条件を中心にメリットやリスクも含めて見ていきましょう
住み替え先の比較検討

「高齢者向け優良賃貸住宅」家賃補助は収入によって最大40%

高齢者向け優良賃貸住宅は家賃補助などが受けられましたが2011年10月サービス付き高齢者向け住宅の創設にともない、既存の・高齢者専用賃貸住宅・高齢者円滑入居賃貸住宅・高齢者向け優良賃貸住宅の三つの制度…
高齢者住宅・施設(健常型)

高齢者の一人暮らし でも入居を拒否されない賃貸住宅 5選

高齢者の一人暮らしで賃貸物件を探しても高齢であることを理由に入居を拒否されるという話をよく耳にします。年を取ると賃貸住宅を借りられない、借りにくいと言われていますが高齢者の一人暮らしでも拒否されない賃貸住宅5種類をご紹介したいと思います。
住み替えの情報収集

「マイホーム借り上げ制度」の活用で移住・住み替え後の収入を確保

マイホーム借り上げ制度は移住・住み替え支援機構が行っている制度で、マイホームを借上げ住み替え支援機構が仲介者となり転貸します。50歳以上のシニアが対象で借り手が付かない場合でも賃料が保証されるのが大きな特徴です。所有権は維持したまま、老後の資金を確保できます
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました