施設入所のコツ(介護老人保健施設)

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


介護老人保健施設(老健)には、役所が定める入所基準がないため、老健側の方針や意向が反映されやすいのが特徴です。
基本的には入所期間は3ヶ月~6ヶ月ですが、「老健」の「特養化」によって、長くいてもらうケースも増えています。
言葉を変えれば、それだけ入所の機会は減ってしまうということ。
しかし、人手が足りない老健側にしてみれば、入所者の入れ替えも、大変な手間がかかるのため、長期入所のケースが増えているのです。

施設側の方針や意向が反映されやすいのが特徴の老健。
一般的に、入所しやすい人には以下のような傾向見られます。

・容態の安定している人
・施設側が退所して欲しい時に家に帰れる人
・周りに迷惑をかけない人(大声を出すなど)
・個室入居が可能な人(別料金が必要)
・入院・通院の必要がない人

たとえショートステイと組み合わせて長期の入所を希望していても、
入所が厳しい場合、そこはぐっと我慢して、
3ヶ月だけでもいいのでお願いします
と申し込んだ方が入所しやすいです。

まずは老健に一旦入所することによって、こちらの状態を知ってもらい、顔つなぎをするのです。
3ヶ月経ったら退所し、同じ老健のデイサービスを利用しましょう。
再度老健に入所するためにも、まずは顔を知ってもらい、要介護状態を共有化すれば、再入所の可能性は高くなると思います。

※「入院・通院の必要がない人」という理由は、特養は医療保険と介護保険が別枠ですが、老健に支給される介護給付費は、医療費を含む包括報酬なので、通院が増えれば、老健に入ってくる報酬額が減る点にあります。
そのような理由から、入所後の入院は、即座に退所となる場合もあるのです。

老人介護施設の情報収集
老人介護施設について、無料、または有料で、各種相談に応じる専門機関や紹介施設もあります。情報提供だけでなく個別の相談に応じたり、入居後のトラブルなどにも対応してくれるところもあります。困ったことや、問題が起こったら、独りで考え込まず、市役所、区役所など最寄りの高齢者福祉課に、気軽に相談してみましょう。

都道府県の高齢者総合相談センター(シルバー110番)

☆高齢者住宅に関する相談機関です。よければ併せてご覧下さい
(財)高齢者住宅財団
住み替え支援機構(JTI)
高齢者住宅情報センター
介護サービス情報公表支援センター
(社)全国有料老人ホーム協会
介護情報館/有料老人ホームシニア住宅情報館

☆閲覧の多いページです。ありがとうございます。
一時金の返還トラブル注意点
入居一時金の償却システム
一時金の返還・短期解約特例制度
一時金の返還トラブル(退去)
一時金の保全の義務

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較