介護付き有料老人ホーム・ショートステイの利用

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


費用負担の比較的軽い「特別養護老人ホーム」は希望者が多く、とても緊急の受け入れ場所にはなりません。
以前の「申し込み順」ではなく、「重度の要介護者を優先」して入れるようにはなりましたが、それもすぐに利用できないこともあります。

そんなときの助け船がショートステイの利用です。
「特別養護老人ホーム」と「介護有料老人ホーム(特定施設)」とでは、ショートステイ利用に関しての制限や費用面での違いがあるので、
ケアマネージャーや各施設に詳しく尋ねておくことが重要です。以下概要

▼特別養護老人ホームのショートステイ
「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」等の介護保健施設のショートステイは、介護保険が利用できるため、介護費用の負担は1割。
(食事代、雑費は別途支払い)費用負担が比較的軽いため人気が高く、なかなか利用できないのが現状です。
また、「特別養護老人ホーム」のショートステイは、1回の利用が30日までと、利用期間の制限もあります。
費用負担が比較的軽いので、時間的に余裕がある場合には、受け皿の一つと考えられますが、緊急性には欠けます。

▼介護有料老人ホーム(特定施設)のショートステイ
「介護有料老人ホーム(特定施設)」のショートステイは、「1泊いくら」の料金で、空きさえあれば、短期でも長期でも利用できる施設が多くあります。
介護保険は使えませんが、ショートステイならば、高額の入居一時金も必要ないので、比較的に手軽に利用できます。ただ、費用が全額自己負担になるので、あらかじめ、いくらかかるのか具体的に確認しておく必要があります。

あるケースでは、
長期(1年~2年)で入所したいが「特別養護老人ホーム」にはなかなか入所できないので、介護付有料老人ホームの月額60万円程の費用負担がある、ショートステイを利用している。
という方がありました。3ヶ月毎に、渡り鳥のように施設を移動させるには体力的に負担が大きく、次の入所先を探す、家族の負担も大きい為、このような利用を選択せざるを得なかったそうです。
年額にするとかなりの費用負担になります。しかし介護付有料老人ホームは入所一時金が高額である為、入所期間や家族の様々な負担を考えた場合、費用を支払えるので有れば、このような利用も最後の道なのかもしれません。

老人介護施設の情報収集
老人介護施設について、無料、または有料で、各種相談に応じる専門機関や紹介施設もあります。情報提供だけでなく個別の相談に応じたり、入居後のトラブルなどにも対応してくれるところもあります。困ったことや、問題が起こったら、独りで考え込まず、市役所、区役所など最寄りの高齢者福祉課に、気軽に相談してみましょう。

都道府県の高齢者総合相談センター(シルバー110番)

☆高齢者住宅に関する相談機関です。よければ併せてご覧下さい
(財)高齢者住宅財団
住み替え支援機構(JTI)
高齢者住宅情報センター
介護サービス情報公表支援センター
(社)全国有料老人ホーム協会
介護情報館/有料老人ホームシニア住宅情報館

☆閲覧の多いページです。ありがとうございます。
一時金の返還トラブル注意点
入居一時金の償却システム
一時金の返還・短期解約特例制度
一時金の返還トラブル(退去)
一時金の保全の義務

高齢者施設に素早く入居するには…
高齢者施設の費用の相場は、地域や施設の種類、設備によって大きく異なります。

施設の入居に際して、実際にどのくらいの費用がかかるのか、またどのような施設がどこにあるのか情報が欲しいと思われる方も多いのではないでしょうか。
高齢者施設・老人介護施設について、無料で情報提供・各種相談に応じている専門機関や紹介施設もあります。

老人ホームや介護施設への入居は思ったより時間がかかるものです。素早く入居するには、気になる施設をピックアップし、資料請求や見学予約を手早く行うことで、入居までの期間を短くすることができます。

高齢者施設を簡単検索 LIFULL
希望の地域の老人施設情報を簡単に調べられ、資料請求できます。 老人ホーム・高齢者施設検索サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!
高齢者見守り 比較