初期償却システムの廃止

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


老人福祉法が改正により平成27年4月1日から初期償却は禁止され「初期償却」というシステム自体が廃止になりました。

これは終身利用権としての金品の受領、いわゆる利用権方式が禁止になったということです。

初期償却は無くなりますが償却システムそのものが無くなったわけではありません。

前払い方式として家賃等を一時金(前払)として償却期間を定めて受領する方式は残ります。

この場合、償却期間が終わると通常の利用料金に加えて、追加の利用料が加算されることになります。

入居一時金無しで月払い方式を採用するホームと入居一時金を前払い方式として採用するホームなど、支払い方にも違いがあるので、入居前に必ず確認しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較