認知症施設選びのポイント(1週間の体験入居)

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


認知症になった親の施設を探す場合、最終的に入居を決める前に1週間ほど体験入居してみます。
一週間ほど体験入居することで、その施設でどのような生活を送っていくのか、ある程度わかるといわれています。

体験入居でチェックしたいのは
施設の雰囲気、
入居者の表情や暮らしぶり、
職員の応対です。

職員が入居者のどのように接しているかは、実際に入居してみないとわからないことが多々あります。職員の入れ替わりが激しく、頻繁に辞めるような施設は問題がある可能性もあります。

1泊2日だとあっという間ですが、1週間ほど居ることで入居者の感じもつかめますしシフトで勤務している職員の感じもわかってきます。

大事なのは家族にとっての良い施設ではなく、本人が気持ちよく暮らせる施設であるかどうかです。入居している施設から別の高齢者施設に変わりたい…と後で後悔しないためにも、体験入居は施設選びの大きな、そしてはずすことの出来ないチェックポイントといえるでしょう。

入居一時金の返還トラブル
☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
一時金の返還トラブル注意点
入居一時金の償却システム
一時金の返還・短期解約特例制度
一時金の返還トラブル(退去)
一時金の保全の義務

高齢者住宅・施設(健常型)
☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
シルバーハウジング(ケア付き高齢者住宅 )
生活支援ハウス
軽費老人ホーム
サービスつき高齢者住宅
ケアハウス(自立支援型)
健康型有料老人ホーム
シニアマンション(高齢者ケア対応型マンション)
ケア付高齢者住宅
高齢者向け優良賃貸住宅
高齢者専用賃貸住宅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較