認知症施設選びのポイント(施設見学)

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


認知症になった親の施設を探す場合、ある程度施設を絞り込んだら見学に行きましょう。
その際は電話で予約を取り、電話の応対もチェックします。
また、資料請求で取り寄せたパンフレットなどをよく読み、尋ねたいこと、気になることをメモします。少しでも疑問に感じることは遠慮せずどんどん質問しましょう。

また、予め、チェックシートを作っておき、5段階で評価しておくのもオススメです。チェック項目は自分で気になるところを細かく項目を作り5段階で評価していきます。たとえば以下のようなチェック項目は一般的なものです。

・電話の対応
・第一印象(外観・玄関・ロビーなど)
・施設内の雰囲気
・庭や散歩コース
・清潔感(トイレ、廊下、など掃除は行き届いているか臭いはないか)
・居室(広さ・設備)
・浴室(広さ・設備)
・トイレ(広さ・設備)
・食事の試食(要連絡)量、質、味付け
・職員の対応
・交通の便、買い物(ちょっとした買い物程度)

後から比較検討する時あいまいな記憶を頼りにするよりも、このような評価シートがあると意外に役立つものです。

見学後、メモやチェック項目を基にさらに絞込み、最終的に入居を決める前に1週間ほど体験入居してみます。

入居一時金の返還トラブル
☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
一時金の返還トラブル注意点
入居一時金の償却システム
一時金の返還・短期解約特例制度
一時金の返還トラブル(退去)
一時金の保全の義務

高齢者住宅・施設(健常型)
☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
シルバーハウジング(ケア付き高齢者住宅 )
生活支援ハウス
軽費老人ホーム
サービスつき高齢者住宅
ケアハウス(自立支援型)
健康型有料老人ホーム
シニアマンション(高齢者ケア対応型マンション)
ケア付高齢者住宅
高齢者向け優良賃貸住宅
高齢者専用賃貸住宅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較