認知症施設選びのポイント(入居の費用)

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


認知症になった親の施設を探す場合、まず施設を探す前にすることがあります。
それは財政状況の把握です。

●一時金としてどの程度まで準備できるか
●毎月の掛かり(施設に支払う費用)の上限

はじめは「少し無理しても高い所を…」と思うかもしれませんが、毎月の固定費の他に医療費やおむつ代なども必要になるかもしれません。後できつくなるよりも、無理なく払い続けられるラインをはじめに決めておくと、意外に選びやすいと感じる方が多いようです。

次に認知症に対応した施設の資料を出来るだけ多く集めます。「地域名+高齢者施設」で検索するとさまざまなタイプの施設が出てくるでしょう。最初に費用を確認しておけば、インターネットで調べたり自治体の資料を見たりする場合でも、グッと絞り込みやすくなります。

入居一時金の返還トラブル
☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
一時金の返還トラブル注意点
入居一時金の償却システム
一時金の返還・短期解約特例制度
一時金の返還トラブル(退去)
一時金の保全の義務

高齢者住宅・施設(健常型)
☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
シルバーハウジング(ケア付き高齢者住宅 )
生活支援ハウス
軽費老人ホーム
サービスつき高齢者住宅
ケアハウス(自立支援型)
健康型有料老人ホーム
シニアマンション(高齢者ケア対応型マンション)
ケア付高齢者住宅
高齢者向け優良賃貸住宅
高齢者専用賃貸住宅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較