秋田県秋田市の生活支援ハウス情報

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


秋田県秋田市の生活支援ハウスを紹介しています。
生活支援ハウスの利用は、各市町村の福祉課などの担当部署に入居申し込みの申請が必要です。入居対象者の判定が出て初めて利用が可能となります。生活支援ハウスに直接の申し込みはできないのでご注意くださいね。

◆生活支援ハウス:秋田市
【施設名】ウェルビューいずみハウス
【所在地】秋田市泉菅野二丁目17-27
【電話番号】018ー896-6277
【相談窓口】秋田市 長寿福祉課

【秋田市の生活支援ハウスについて】
【入居対象者】
60歳以上の一人暮らし等が対象となり、高齢の為に独立して生活することができない人や家族による援助を受けることが困難な人のための施設です。食事は自炊となります。
ただし、常時医療管理下にあるかたや自分で金銭等の管理ができないかたは利用できません。

【詳しい問い合わせ先】
お申込み方法
本市の長寿福祉課へご相談ください。
お問い合わせ
生活支援ハウスに関するお問い合わせ
長寿福祉課
住所 秋田市山王一丁目1-1
電話 018-866-2095(長寿企画担当)

☆閲覧の多いページです。ありがとうございます。
生活支援ハウス
シルバーハウジング(ケア付き高齢者住宅 )
軽費老人ホーム
ケア付高齢者住宅
高齢者住宅に関する相談機関や紹介センターの利用

☆高齢者住宅に関する相談機関です。よければ併せてご覧下さい
(財)高齢者住宅財団
住み替え支援機構(JTI)
高齢者住宅情報センター
介護サービス情報公表支援センター
(社)全国有料老人ホーム協会
介護情報館/有料老人ホームシニア住宅情報館

▼ワンポイントアドバイス(賃貸方式もでてきた利用権)
一般的に、有料老人ホームに入所する際は、まとまった入居一時金を支払い、施設を終身利用する権利を得る「終身利用権契約」が中心です。
「終身利用権契約」は、相続や譲渡ができないところがデメリット。しかし近年、介護付き有料老人ホームでは初期費用の安い「賃貸方式」が増加してきています。「賃貸方式」では、家賃に相当する一部前払いの一時金と、月々の利用料を組み合わせて支払っていきます。
費用面では大きく違いますので、この点も頭に入れておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較