奈良県宇陀市の高齢者生活支援ハウス情報

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


奈良県宇陀市の高齢者生活支援ハウスを紹介しています。
生活支援ハウスの利用は、各市町村の福祉課などの担当部署に入居申し込みの申請が必要です。入居対象者の判定が出て初めて利用が可能となります。生活支援ハウスに直接の申し込みはできないのでご注意くださいね。

◆生活支援ハウス:宇陀市
施設名:悠楽園生活支援ハウス
所在地:宇陀市榛原桧牧584番地
相談窓口:介護福祉課(入所判定委員会で判定されます)

【奈良県宇陀市の生活支援ハウスについて】
【入居対象者】
市内に居住する60歳以上で、ひとり暮らしや夫婦世帯に属する方及び家族による援助を受けることが困難な方であって、高齢等のため独立して生活するのが困難な方が入居する施設です。

【費用】
費用徴収は、宇陀市生活支援ハウス運営事業に関する規則に準じて、本人の収入に応じて費用負担があります。

【詳しい問い合わせ先】
●お住まいの区の保健福祉センター(保健福祉課)
または
●健康福祉部介護福祉課 
宇陀市榛原下井足17番地の3
電話番号:0745-82-3675/IP電話:0745-88-9088

☆閲覧の多いページです。ありがとうございます。
生活支援ハウス
シルバーハウジング(ケア付き高齢者住宅 )
軽費老人ホーム
ケア付高齢者住宅
高齢者住宅に関する相談機関や紹介センターの利用

☆高齢者住宅に関する相談機関です。よければ併せてご覧下さい
(財)高齢者住宅財団
住み替え支援機構(JTI)
高齢者住宅情報センター
介護サービス情報公表支援センター
(社)全国有料老人ホーム協会
介護情報館/有料老人ホームシニア住宅情報館

▼ワンポイントアドバイス(入居者の概要をつかむ)
介護施設を探す場合、入居者の概要をつかむ事は、とても大切です。
ポイントとしては
親の症状とよく似た人がどの位入居しているかをチェック
退去理由も必ず確認  します。

高齢者施設は、入居者の症状、心身の状態によって、施設の雰囲気もずいぶん変わってきます。
自分はまだまだ元気でも、他の入居者が重度であったり、認知症が進んだ人が多くいると、
不安が増したり、気分が優れなくなったりと、生活にも障害がでてくる事があるので、必ずチェックします。
例えば、「特老(特別養護老人ホーム)」は、比較的重度の要介護者が入居していますし、
「介護付き有料老人ホーム(特定施設)」は、元気な方、要介護を必要とする方、両方が入居の対象となって
いる施設も多くあります。
施設によっては、入居者の心身の状態によって、居室のフロアや棟を分けているところもあるので、見学時、気軽に尋ねてみると
良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較