高齢者住宅にも格差の波…

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


高齢者住宅にも格差の波を感じる

自宅を購入している人は家賃はかからないが、何がしかの理由で賃貸住まいを続けている、あるいは自宅を購入でききなかった人は、高齢者になっても賃貸に住み続けることになる。市営住宅や県営住宅などの公的な住宅ならば家賃も少なくて住むが、少ない年金から家賃を捻出するのは大変なことだ。現役時代の住宅購入は大きな決断を要するが、高齢者になったときの住まいの心配をしなくて良い点は利点となる。しかしマンションであれば毎月の管理費もかかれば大規模改修なども有り、やはり支出はあるのだ。どちらにしても支出は免れず、現役時代の蓄えによって老後の生活が決まってしまう。高齢者社会を向かえ住宅事情は問題点が山積だ。

高齢者住宅・施設(健常型)
☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
生活支援ハウス
軽費老人ホーム
サービスつき高齢者住宅
ケア付高齢者住宅
ケアハウス(自立支援型)
シニアマンション(高齢者ケア対応型マンション)
シルバーハウジング(ケア付き高齢者住宅 )

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較