サービス付き高齢者向け住宅

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


サービス付き高齢者向け住宅とは
「高齢者(単身者・夫婦世帯ともに)が安心して居住できる賃貸住居」
2011年10月に新たな高齢者の住まいの制度としてスタートしました。
簡単に「サ高住(さこうじゅう)」とも呼ばれています。

高齢者専用の住宅のイメージとしては
「有料老人ホーム」(比較的高所得者層を対象)
「サービス付き高齢者向け住宅」(要介護度の高くない中所得者層を対象)
「シルバーハウジング」「軽費老人ホーム」(低所得者を対象)
というようにとらえることもできます。

▼サービス付き高齢者向け住宅の特徴
入居時に高額の一時金を取る有料老人ホームと違い、
基本的には賃貸契約で入居できるので、初期費用の心配がありません。
食事、清掃、洗濯などの日常の家事支援を提供しているものも多く
プライベートを意識した、見守りサービスの付いた住まいとも言えます。

対象者
・高齢者(詳細は事業者によって異なります)

サービス
・安否確認
・入居者への生活相談 

※義務付けられているサービスはこの2点です。
 それ以外の介護、医療、生活支援サービスの提供、また連携方法は
 事業者によってさまざま、一般的には外部の介護事業者と個別に契約
 することになります。
※日中は介護福祉士やホームヘルパーなどのケアの
 専門家が常駐しています。

設 備
・個室の床面積は原則25㎡以上
・各専用部分に、原則台所・水洗便所・収納・洗面・浴室を備えたもの
・バリアフリー構造

費 用
・家 賃(地域・設備によってさまざま)
・食費、管理費、共益費は事業者によって異なります。

※事業者が入居者から受け取ることができる金銭は
 敷金、家賃、サービスの対価のみです。
 権利金、礼金、更新料等の徴収は禁止されています。

サ高住は施設によって設備やサービスに大きく差があり、
月額の費用にも幅があります。
・無理なく払える毎月の費用と、
・これからの自分にとって必要なサービス
これらをランク付けして書き出すことで、希望に沿った
事業者を選ぶことが可能になります。

重要関連記事
サ高住を選ぶ際のチェックポイント

高齢者住まい法の改正
2011年10月サービス付き高齢者向け住宅の創設にともない、
既存の
・高齢者専用賃貸住宅
・高齢者円滑入居賃貸住宅
・高齢者向け優良賃貸住宅
の三つの制度は廃止されました。

☆高齢者住宅に関する相談機関です。よければ併せてご覧下さい
(財)高齢者住宅財団
住み替え支援機構(JTI)
高齢者住宅情報センター
介護サービス情報公表支援センター
(社)全国有料老人ホーム協会
介護情報館/有料老人ホームシニア住宅情報館

☆関連ページです。よければ併せてご覧下さい
施設の入居時に必要な身元引受人
任意後見制度の利用
任意後見制度・利用の流れ
家賃債務保証制度とは(利用条件)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較