高齢者施設の医療体制 (診療科目をチェック)

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


高齢者施設医療体制(診療科目をチェック)

高齢者施設を検討する場合、医療体制や協力病院の確認は大切です。

病院併設の老人介護保健施設・有料老人ホームで、敷地内に診療所や医院がある場合は、自室までの往診や、スタッフが車椅子などを用意してくれるホームもあります。

医療体制、協力医の関係において、どの程度まで融通が利くかどうかを知っておくと安心感があるでしょう。

併設病院がない場合は、近隣に総合病院があるかどうかもチェックしましょう。総合病院がない場合でも、よく利用する診療科目がある病院の有無だけは必ずチェックします。
総合病院ほどではないにしても、内科、外科、歯科、耳鼻科などは、近くにあることが望ましいでしょう

病院が経営する老人施設では、医療体制が整っているところが多く見られますが、民間が経営する有料老人ホームに入居を希望する場合、医療体制のチェックははずせません。

パンフレットや「重要事項説明書」に書かれている「提携病院」や、協力医との関係、協力内容について、具体的に詳しく、確認することも忘れてはならない項目です。
併せて、長期の入院が必要になったときの費用や対応なども入居前に確認しておきましょう。

介護保険はあくまでも介護サービスに適用され、病気やけがは治療の適用外になります。
緊急時の医療体制については、入居前に詳しく調べておく必要があります。

わからないこと、ちょっとでも疑問に思うことがあったら、どんどん尋ねましょう。質問一つ一つが、より自分の希望する条件にあった施設を選ぶ「近道」になるのです。

☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
一時金の返還トラブル注意点
入居一時金の償却システム
一時金の返還・短期解約特例制度
一時金の返還トラブル(退去)
一時金の保全の義務

☆施設を見学する際のポイントです。よければ併せてご覧下さい
高齢者住宅・施設見学のポイント(予約を入れる)
高齢者住宅・施設見学のポイント(食事の試食)
高齢者住宅・施設見学のポイント(メモを持参)
高齢者住宅・施設見学のポイント(ハード面・居室)
周辺の介護サービス事業者情報
事前見学のポイント(周辺環境のチェック)
重要事項説明書(有料老人ホーム)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較