高齢者施設「入居資格」と「退去事項」

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


高齢者住宅情報センターや高齢者住宅財団などの情報機関を利用して、施設情報を入手するのも効率的な情報収集方法のひとつです。
集めた情報をもとに、気になる施設のパンフレットを取り寄せましょう。
そして集めた情報を比較検討し、入居する施設を絞り込んでいきましょう。

入居施設の絞り込みで、はじめに確認する事項は『入居資格』です。
いくら気に入った施設であっても入居資格がなければ残念ながら入居することができません。(一般的な入居資格の基準は、入居時自立、入居時要介護度などがあります)
入居資格は各施設毎に違いますので、まず入居資格をチェックし、入居条件をクリアーした施設の中から更に絞り込みを行っていきます。

併せて確認しておきたいポイントに『退去』に関する項目があります。
(サイト内関連記事⇒一時金の返還トラブル(退去))
老人施設の中には、認知症(痴ほう)、要介護度が、退去の条件となっているところもあります。
要介護になって新たな施設に変わるのは、経済的にも体力的にも大きな負担です。要介護の状態による退去があるのか否か、必ず確認しておきましょう。

これからの人生を送る場所になるわけですから、わからないこと不安に感じることはあいまいにせず、納得できるまで聞く事が大切です。ちなみに、
特定施設入所者生活介護」の指定を受けた有料老人ホームであれば、要介護になってもホームによる介護サービス(施設介護サービス)を利用できます。
「特定施設入所者生活介護」の指定でないホームの場合は「訪問介護」などの外部の介護サービス(在宅介護サービス)になります。

自分の希望するサービスを、充分受けられるかどうか、
よくよく検討しましょう。

▼集めた情報をみるポイント(基本編)
【入居資格の確認】
入居時の年齢だけでなく、要介護者の入居を行っていない老人施設もあります。
ホームによっては「介護付」「住宅型」であっても、入居時自立を条件としている施設もあります。
重要事項説明書や契約書の「入居条件」「入居時の要件」等の項目に記載があるのでよくチェックしましょう。

【施設のタイプ】
有料老人ホーム
介護付き有料老人ホーム
住宅型有料老人ホーム
健康型有料老人ホーム」の3つに分けられています。

入居条件にしても
「入居時自立」
「入居時要介護」
「入居時自立・要介護」などさまざまです。

利用権の契約も
終身利用権契約
賃貸借契約
など、契約の形態による違いも確認しておく必要があります。

【介護サービス】
介護サービスの内容もチェックポイントの一つです。
自分にとって必要、あるいは必要になると思えるサービスの提供があるか否かは施設選びの際、重視すべきです。

入居時に介護を必要としない場合でも、要介護状態になることも想定しておきましょう。
検討している施設が、要介護者の受け入れを行っていなければ、要介護認定を受けたときに退去の可能性もあります。介護が必要になってからの施設替えは、経済的にも体力的にも大きな負担になります。

要介護者の受け入れを行っているホームの場合は、どのような介護サービスがあるのかも確認しておきましょう。

入居一時金の返還トラブル
☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
一時金の返還トラブル注意点
入居一時金の償却システム
一時金の返還・短期解約特例制度
一時金の返還トラブル(退去)
一時金の保全の義務

☆施設を見学する際のポイントです。よければ併せてご覧下さい
高齢者住宅・施設見学のポイント(予約を入れる)
高齢者住宅・施設見学のポイント(食事の試食)
高齢者住宅・施設見学のポイント(メモを持参)
高齢者住宅・施設見学のポイント(ハード面・居室)
周辺の介護サービス事業者情報
事前見学のポイント(周辺環境のチェック)
重要事項説明書(有料老人ホーム)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較