介護老人保健施設(老健)

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


介護保健施設と呼ばれるものには3タイプ有ります。

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
介護老人保健施設
介護療養型医療施設(介護療養病床)

介護老人保健施設は、通称「老健」とも呼ばれています。
病院での治療を終えた後、病状が比較的安定した方に、日常生活の介護や看護、機能訓練(リハビリテーション)を提供しています。
理学療法士や、作業療法士などによって、機能訓練(リハビリ)に力を入れているのが特徴です。

医師も配置してあるため、一定の医療も受けられますが、集中的な治療が必要とされる場合など、医療機関に入院する事になります。

介護老人保健施設は、リハビリを通して、在宅での生活復帰を主な目的としているところから、入所の期間に限りがあります。だいたい3~6ヶ月が目安でしょう。
入居はあくまでも自宅復帰を前提にしており、社会復帰できると判断されると退去しなければなりません。
現実的には特別養護老人ホームの待機施設のようになっています。
退去後一定期間が経てば再度入居が可能で、同じ施設のショートステイと組み合わせると、長期間の利用も可能になります。
利用に関しては、地元の人を優先する傾向にあり、「要介護1」以上であれば利用申し込みできますが、実状は、「要介護3」以上の利用が多いです。

入所中に退所を打診された場合は、看護士あるいは、医療機関内にある「医療相談室」に相談してみる方法もあります。

老人介護施設の情報収集
老人介護施設について、無料、または有料で、各種相談に応じる専門機関や紹介施設もあります。情報提供だけでなく個別の相談に応じたり、入居後のトラブルなどにも対応してくれるところもあります。困ったことや、問題が起こったら、独りで考え込まず、市役所、区役所など最寄りの高齢者福祉課に、気軽に相談してみましょう。

都道府県の高齢者総合相談センター(シルバー110番)

☆高齢者住宅の相談関連ページです。よければあわせてご覧ください
(財)高齢者住宅財団
住み替え支援機構(JTI)
高齢者住宅情報センター
介護サービス情報公表支援センター
(社)全国有料老人ホーム協会
介護情報館/有料老人ホームシニア住宅情報館

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較