終身建物賃貸借契約

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


高齢者住宅への住み替えを考える場合、
契約形態には以下のようなものがあります。

利用権契約(有料老人ホームに特有)
所有権契約(改修・売却・賃貸が可能)
賃貸借契約(一般的な賃貸利用の形態)
終身建物賃貸借契約(借地権の相続は不可)

終身建物賃貸借契約とは

「終身建物賃貸借契約」は、賃貸借契約とは別の特殊な契約形態です。
借家人が生きている限り契約が継続し、
死亡した時点で契約が終了する

というのが大きな特徴です。

終身建物賃貸借契約 大きな2つのメリット
その①<契約更新の必要がないため、安心して住まうことができる。
その②一時金や更新料が不要

通常の「賃貸契約」との大きな違いは、借家権の相続ができないという点です。契約は借家人が死亡した時点で終了するため、借家権を相続することはできません。

現在のところ、終身建物賃貸借契約の形態をとっている住宅は、とても少ないのが現状。
というのも、終身建物賃貸借契約の契約形態にするには、事業者が、都道府県の認可を得なければならないからです。
また、高齢者に配慮した設備、機能の設置が必要です。
他にも、前払い家賃の保全義務など、認可のハードルが高いことがその理由といわれています。

ちなみに「賃貸借契約」とは、
一定の期間を定め、賃料を支払い、住居を借りる契約です。入居時には、一般的に「敷金」「礼金」が必要。
契約満了後も、契約を更新することもでき、住む側の権利は「借地借家法」で守られています。
入居者が死亡した場合、賃貸借の権利は相続人に相続されます。事業主が変更になった場合でも、退去を迫られることはありません。
シニア向け(高齢者)の住み替えでは、高齢者専用住宅、高齢者向け有料賃貸住宅がこれに当たります。

☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
リバースモーゲージとは
施設の入居時に必要な身元引受人
任意後見制度の利用
任意後見制度・利用の流れ
家賃債務保証制度とは(利用条件)>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較