住み替えに充てられる預貯金・収入の把握

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


高齢者住宅のサービスは、千差万別。住み替え先の契約形態によっても、入居に必要な費用は変わってきます。

シニア世代で高齢者住宅への住み替えを考える場合、面倒でも詳細にわたった資金計画を検討する必要があります。途中で資金不足になったとき、現役時代のように働いて補充していくことは難しいからです。また、先々お金に対する不安が高まると、精神的にも、体調的にも影響するでしょう。

資産と収入の把握
まずは、現在保有している現金、不動産を含めた全ての資産、月々の収入から、住み替えに当てられる費用を洗いだします。

シニアの住み替えを考える場合、「どれだけ費用がかかるか」というよりも、「どれだけ住み替えに資金を充てられるか」と考えた方が、資金計画が立てやすくなります。その為にも、資産と収入の把握は重要でしょう。

※高齢者住宅財団のホームページには、住まい方によって現在ある資産が、将来的にどのように推移していくか簡単な入力で計算してくれる、シュミレーションシステムがあります。簡単な入力で必要資金のシュミレーションができるので、このような情報ページを活用するのも良いでしょう。

【資  産】
資産の中には、現金(預貯金)、退職金、有価証券の他
不動産としては、自宅など、売却が考えられるもの全てを考えに入れておきましょう。
不動産・自宅の売却、としましたが、賃貸に出して収入を得るという方法も有りますので、柔軟に考えるとよいと思います。住み替え支援機構の「マイホーム借り上げ制度」などを利用するのも一つの方法です。

【月々の収入】
月々の収入には、公的年金、個人年金、家賃や給与収入、利子・配当金などの定期的な収入を書き出しましょう。
サラリーマンの場合、これから定年(60歳)を迎える夫婦の年金額の平均は、275万になるといわれています。
仕事をリタイヤしてから月々に掛かる生活費は、平均額で、夫婦2人の場合約25万程ともいわれ、厚生年金の年額を超えてしまいます。

シニア世代の住み替えは、詳細にわたった資金計画の検討が必要ですが、ゆとりを持って行う事も忘れてはならないでしょう。

★シニアの住み替えに関する役立つ情報を発信★

(財)高齢者住宅財団
高齢者住宅財団のホームページには、住まい方によって現在ある資産が、将来的にどのように推移していくか簡単な入力で計算してくれる、シュミレーションシステムがあります。
高齢者住宅財団のシュミレーションシステムは、100歳まで表で示してくれるので、とても参考になります。
高齢者住宅財団ホームページ
http://www.koujuuzai.or.jp/

住み替え支援機構(JTI)
住み替え支援機構の会員として登録すると、住み替えに役立つ情報などがえられます。
また、「マイホーム借り上げ制度」を利用すれば、安定した収入を得ることもできます。
住み替え支援機構JIT http://www.jt-i.jp/
TEL:03-5425-5576

☆よく閲覧のあるページです。よければ併せてご覧下さい
リバースモーゲージとは
施設の入居時に必要な身元引受人
任意後見制度の利用
任意後見制度・利用の流れ
家賃債務保証制度とは(利用条件)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較