マイホーム借り上げ制度の利用(住み替え支援機構)

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


住み替え支援機構の『マイホーム借り上げ制度』とは・・・
「50歳以上の高齢者の持ち家を、
 住み替え支援機構・JTIが、最長で終身に渡って借り上げ、
 賃料を保証してくれるしくみ」のことです。

シニア世代で住み替えを考える場合、収入を得る道の一つに、「持ち家を賃貸に出す」方法があります。
ただし、通常の賃貸契約の場合、賃貸契約に空白期間ができれば、当然その間の収入が見込めず、安定した収入にはつながりません。
住み替えの資金計画を立てる際、通常の賃貸契約の収入を計画に盛り込むにはリスクが発生します。

住み替え支援機構の「マイホーム借り上げ制度」を利用すると、安定した収入を得ることができます。

賃料は相場よりも低めの設定になりますが、賃貸契約が無い時期においても、住み替え支援機構が、所定の最低保障賃料を一生涯支払ってくれるので、安定した収入が得られるメリットがあります。(保証料は毎年見直されます)賃貸物件を借りたい人にとっても、良質な借家を敷金無しで借りられるなどのメリットがあります。

3年ごとに契約の切れ間があるため、その時に中途解約することもできます。何かの事情で家に戻らなければならない状況になった時でも対応できるので、この点もメリットといえます。

住み替え支援機構の「マイホーム借り上げ制度」は、50歳以上の人が所有する、一戸建て、或いはマンションが対象で、事前に建物診断を受ける必要があります。場合によっては、耐震補強などの工事が必要となり、工事にかかる費用は実費負担となります。
「終身型」「期間指定型」という2つの契約形態があります。

終身型
利用者、共同生活者の両方が無くなるまで、終身で借り上げる形態。
3年ごとの定期借家契約なので、自宅に戻りたい希望がある場合、契約の期間満了時に退出してもらうことが可能です。

期間指定型
利用者が指定した期間、借り上げる形態。
期間中の中途解約は認められない。などの条件があります。

★シニアの住み替えに関する役立つ情報を発信★

住み替え支援機構JIT
「マイホーム借り上げ制度」を利用すれば、安定した収入を得ることもできます。
また、住み替え支援機構の会員として登録すると会報が届き、住み替えに役立つ情報などが得られます。
電子メールや、住み替え支援機構ホームページから住み替えに役立つ様々な情報などを得ることもできます。
会員登録はホームページ場でもできますよ。

TEL:03-5425-5576(平日9時~17時 )

高齢者住宅財団
高齢者住宅財団のホームページには、住まい方によって現在ある資産が、将来的にどのように推移していくか簡単な入力で計算してくれる、シュミレーションシステムがあります。
高齢者住宅財団のシュミレーションシステムは、100歳まで表で示してくれるので、とても参考になります。
高齢者住宅財団ホームページ
http://www.koujuuzai.or.jp/

よく閲覧のあるページです。よければ併せてご覧下さい
リバースモーゲージとは
施設の入居時に必要な身元引受人
任意後見制度の利用
任意後見制度・利用の流れ
家賃債務保証制度とは(利用条件)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
高齢者見守り 比較