任意後見制度利用の流れ

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


任意後見制度利用を利用するには、任意後見契約を結ぶ、
信頼できる受任者をあらかじめ選定します。

◆任意後見制度利用の流れ◆

『公証役場』
公正証書による「任意後見」の契約を結びます。

       ▼

『法務局』
任意後見人の「登記」を行います

       ▼
判断力の低下が見られるようになったら
       ▼

『家庭裁判所』
「任意後見監督人の選任の申し立て」を行います
(本人・その配偶者・4親等内の親族・任意後見受任者)
    ▼
任意後見監督人の選任の審判
    ▼
  審判確定

       ▼

『法務局』
任意後見人の「登記」を行います

       ▼

『任意後見の開始』

任意後見人は、財産管理や生活に必要な契約などをしてもらう人を決めておくものです。
任意後見人になる人に後見開始後のライフプラン、例えばどのような場所に住みどのような生活を送りたいか、などを話しておくと、万一判断力が低下した場合、そのライフプランに従い、保有財産を有効に使って希望に添った生活を維持してくれます。

とても良い制度ですが注意しなければならない点もあります。財産や金銭管理を委託するため、横領など不祥事を招くことがあるからです。

任意後見制度で最も大切なのは、
真に信頼できる人を選任することです。

☆後見人に関する関連ページです。よければ併せてご覧下さい
施設の入居時に必要な身元引受人
任意後見制度の利用
任意後見制度・利用の流れ
リバースモーゲージとは
家賃債務保証制度とは(利用条件)

☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
家賃補助が受けられる高齢者向け優良賃貸受託
要介護認定に納得できない場合
高齢者住宅に関する相談機関や紹介センターの利用
介護付有料老人ホーム情報の入手先
「高齢者専用賃貸住宅」や「高齢者向け有料賃貸住宅」情報の入手先
案内パンフレットの不当表示に注意する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較