成年後見制度とは

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


成年後見制度とは
認知症や精神障害などで判断能力が充分でない人を、
金銭や契約トラブルから守ってくれる制度です。

成年後見制度には
法定後見制度・・・(すでに判断力が衰えた人を保護する)
任意後見制度・・・(判断力が衰える前に後見人を決めておく)
の2つがあります。

成年後見制度は、1999年に国会で民法の改正が行われ、
2000年に施行を開始しました。
認知症高齢者など判断能力が充分でなくなった方々の生活を守り、共に歩んでいく社会を目指してつくられた制度です。

制度開始から10年以上経ち、順調に役割を果たしていますが、
課題として明らかになってきたこともあります。

『法定後見制度』『任意後見制度』共に、後見人の選定
(後見人になる人をどのようにして見つけるか)もその一つ。

後見人の選定は、適当な親族がいない、法律的に難しい問題を
抱えているなど、様々な要因があるからです。

解決策の1つとして、後見人などに適切な仕事をしてもらう為の
仕組みや環境を更に整えること。
そして多くの人々が後見人などになったり、またそれをサポート
する事によって、成年後見制度に参加し、理解する事が重要
だと言われています。

☆後見人に関する関連ページです。よければ併せてご覧下さい
施設の入居時に必要な身元引受人
任意後見制度の利用
任意後見制度・利用の流れ
リバースモーゲージとは
家賃債務保証制度とは(利用条件)

☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
家賃補助が受けられる高齢者向け優良賃貸受託
要介護認定に納得できない場合
高齢者住宅に関する相談機関や紹介センターの利用
介護付有料老人ホーム情報の入手先
「高齢者専用賃貸住宅」や「高齢者向け有料賃貸住宅」情報の入手先
案内パンフレットの不当表示に注意する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較