リフォーム業者のチェックポイント

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


介護リフォーム工事で介護保険の助成(補助金)を申請するには、リフォームの内容が適正な工事で(介護保険が適用されるもの)、所定の書類写真の提出が必要です。やはり介護リフォームに慣れた業者がよいでしょう。
業者の選択に関しては、ケアマネージャーさんに尋ねたり、役所の介護保健課で実績の高いリフォーム業者を教えてもらっても良いと思います。

ただ、それをうのみにするのではなく、必ず複数のリフォーム業者と打ち合わせをして見積もりを取り、比較検討してから決めます。
ちょっと面倒にも思えますが、やはり打ち合わせ、見積もり、比較検討はとても重要です。

信頼できるリフォーム業者のチェックポイント

・設計者自身が直接本人(高齢者)に会って、生活スタイルや現状を確認しようという姿勢がうかがえる
・介護リフォームに関して数十件以上の実績がある
・小さな仕事、手すりの1つの仕事でも面倒がらずに丁寧に対応してくれる
・予算に応じたリフォーム計画を立ててくれる
・工事や費用について丁寧に説明してくれる
・家族やヘルパーさんなどの意見も聞いてくれる

※申請手続きは、申請書類を取り寄せ、工事終了後に申請します。(申請時には改修前と改修後の写真が必要です)
居宅介護支援事業者のケアマネージャー、また工事の施工業者に申請を代行してもらうことも可能です。

▼要介護になってからのリフォーム
要介護者の体の状態と、本人の希望をしっかり把握してリフォームすることが大事です。
ポイントは3点

●体のどの部分に障害があるか(動かなくなったか)
●何ができなくなったか
●本人はどこまで自力でやりたいか

このポイントを押さえておけばリフォームする箇所が明確になります。結果的には低予算で効果的なリフォームが可能となるでしょう。

失敗しないリフォーム業者選びなら「ホームプロ」
リフォーム ホームプロ

☆関連のあるページです。よければ併せてご覧下さい
介護リフォームのタイミング
住宅改修費支給の申請手続き
介護リフォーム業者のチェックポイント
介護リフォーム(住宅改修費支給申請)手続きの流れ

☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
住み替え先の比較検討
高齢者住宅・施設見学のポイント(予約を入れる)
高齢者住宅・施設見学のポイント(食事の試食)
高齢者住宅・施設見学のポイント(メモを持参)
高齢者住宅・施設見学のポイント(ハード面・居室)
周辺の介護サービス事業者情報
事前見学のポイント(周辺環境のチェック)

介護リフォーム助成金補助金申請

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較