住宅改修費支給の申請手続き(介護リフォームの申請手続き)

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


住宅改修費支給申請手続き(介護リフォームの申請手続き)
要介護認定がある場合、介護のためのリフォームに助成金が出たり、低利の融資が利用できる可能性があります。
まず、市区町村で助成制度があるかどうかを確認しましょう。

介護リフォームの助成制度利用は、事前の申請手続きが必要な場合がほとんどです。
(介護保険と同時に利用できますが住宅改修費支給の手続きは別です)
リフォームに取りかかる前に必ず確認しておきましょう。

▼介護リフォーム(自宅改修)助成の概要
介護を目的としたリフォーム(住宅改修)の場合、介護保険より助成を受けることができます。

上限は 20万円(内1割は自己負担)
住宅改修費の支給申請手続きをすることで、助成が受けられます。
上限20万円=2万円(1割り自己負担)+18万円(9割保険支給)
上限を越えた場合は、超過分の全額も自己負担になります。

申請手続きは、申請書類を取り寄せ、工事終了後に申請します。(申請時には改修前と改修後の写真が必要です)
居宅介護支援事業者のケアマネージャー、また工事の施工業者に申請を代行してもらうことも可能です。

介護保険が適用されるリフォーム
・手すりの取り付け
・床の段差解消
・滑り防止や移動の円滑化の為の床材変更
・引き戸などへの扉の変更(取り替え)
・洋式便器への変更(取り替え)など

要介護になってからのリフォーム
要介護者の体の状態と、本人の希望をしっかり把握してリフォームすることが大事です。
ポイントは3点
●体のどの部分に障害があるか(動かなくなったか)
●何ができなくなったか
●本人はどこまで自力でやりたいか

このポイントを押さえておけばリフォームする箇所が明確になります。結果的には低予算で効果的なリフォームが可能となるでしょう。

失敗しないリフォーム業者選びなら「ホームプロ」
リフォーム ホームプロ

☆関連のあるページです。よければ併せてご覧下さい
介護リフォームのタイミング
住宅改修費支給の申請手続き
介護リフォーム業者のチェックポイント
介護リフォーム(住宅改修費支給申請)手続きの流れ

☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
住み替え先の比較検討
高齢者住宅・施設見学のポイント(予約を入れる)
高齢者住宅・施設見学のポイント(食事の試食)
高齢者住宅・施設見学のポイント(メモを持参)
高齢者住宅・施設見学のポイント(ハード面・居室)
周辺の介護サービス事業者情報
事前見学のポイント(周辺環境のチェック)

介護リフォーム助成金補助金申請

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較