介護リフォームのタイミング

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


介護リフォームといっても、若い内はピンとこないかもしれません。
バリアフリー住宅なんてまだまだ先だと考えがちだからです。

しかし、介護リフォームはタイミングが大事です。
年を取ってからの大規模なリフォームは大変ですし、意外に新しい環境になれるのにも時間がかかるものなんですよ。
元気なうちに、早め早めを心がけて介護を意識したリフォームに取り組んでおくと、後の生活がぐっと楽になります。
また、高齢者対応の住まいにしておくことで、転倒骨折などの事故を回避したり、転倒骨折を原因とした寝たきり状態を事故を未然に防ぐこともできます。

ただ、早い時期に全てを高齢者対応にしておく必要はありません。段階的に行うことが望ましいといえます。
本当に必要になる前に取り替えの時期が来てしまったり、「手すり」などは、実際の障害の状態などによっては無駄になったり
必要な場所についていないないという事態にもなりかねないからです。

リフォームも、50代~60代にしておいた方が望ましいもの
要介護になってから手を加えるところ
と、分けて考えておくとよいでしょう。

▼50代~60代にしておきたいリフォームのポイント
●段差を出きるだけ少なくしておく
●大きな段差があるところには手すりを付けておく
●手すりが付けられるよう壁を補強しておく
●トイレと寝室を近づけておく
●トイレの出入り口、玄関スペースを広くしておく
●和式トイレで有れば洋式に変える
●石油ストーブをやめてエアコン・床暖房などを検討する
●キッチンのコンロをガスからIH(電磁調理)方式に変更する

など、後から手を加えるのが大変になるところ、慣れるのに時間がかかる部分を改良しておくとよいでしょう。
この準備が済んでいれば、要介護になっても慌てることなく、すばやく要介護状態に合ったリフォームを行うことが可能になります。

▼要介護になってからのリフォーム
要介護者の体の状態と、本人の希望をしっかり把握してリフォームすることが大事です。
ポイントは3点
●体のどの部分に障害があるか(動かなくなったか)
●何ができなくなったか
●本人はどこまで自力でやりたいか

このポイントを押さえておけばリフォームする箇所が明確になります。
結果的には低予算で効果的なリフォームが可能となるでしょう。

失敗しないリフォーム業者選びなら「ホームプロ」
リフォーム ホームプロ

☆関連のあるページです。よければ併せてご覧下さい
介護リフォームのタイミング
住宅改修費支給の申請手続き
介護リフォーム業者のチェックポイント
介護リフォーム(住宅改修費支給申請)手続きの流れ

☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
住み替え先の比較検討
高齢者住宅・施設見学のポイント(予約を入れる)
高齢者住宅・施設見学のポイント(食事の試食)
高齢者住宅・施設見学のポイント(メモを持参)
高齢者住宅・施設見学のポイント(ハード面・居室)
周辺の介護サービス事業者情報
事前見学のポイント(周辺環境のチェック)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較