重要事項説明書(有料老人ホーム)

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


有料老人ホームには、重要事項説明書の交付が義務づけられています。
「重要事項説明書」には、施設の概要や職員態勢、入居者の状況、サービス内容、料金体系など、入居を検討する際必要になる重要なポイントが詳しく記載されています。
ホームを見学する際は、必ず重要事項説明書をもらういましょう。
併せて「入居契約書」「管理規定」の写しももらうようにします。
「入居契約書」は、重要事項説明書に記載されている内容を契約書にまとめたものです。
「管理規定」は、値上げをする時の手続きなど様々なルールが記載されています。


▼「重要事項説明書」「入居契約書」「管理規定」を見るポイント
【事業者】
運営事業者の母体、どのような事業者であるか
都道府県への届け出があるかをチェックします。

【施 設】
施設の権利者が誰であるかを確認します。
事業者が施設の所有者で有れば、より経営基盤は安定しているといえます。
施設が賃貸である場合、貸し主が死亡、変更になると賃貸契約を打ち切られることもある為、施設の経営を判断する材料にもなり得ます。

【施設の従事者(スタッフ)】
どのような資格を持った人が、常勤、非常勤で何人就業しているかをみます。
介護保険法では要介護者3人に1人、要支援者で有れば10人に1人の割合で配置するようになっており、都道府県への届け出のある施設で有れば、基本的にこの部分はクリアしているはずです。
質、量を充分吟味するので有れば、常勤、非常勤の比率、専従者と兼務者の比率をみます。
また、パートタイムでの従事者がいるので有れば何時から何時までの勤務か、また、夜間の体制についても注意が必要です。契約前に不明な点が有れば明確にしておきましょう。

【退去時の入居一時金の項目】
入居一時金の初期償却と、残存償却期間について確認します。
一般的に初期償却は15%程度に設定されている傾向がありますが、事業所によっては効率に設定されている場合もあるので見落とせません。

【利用料】
毎月払い続ける利用料について確認します。
日常生活に必要なサービスが、どれくらい細かく規定されているか、またその金額が納得できるものか、細かく見ていきます。
金額だけでなく、そのサービスの内容についても知っておくべきでしょう。
管理費等の「値上げ」についても確認します。
「家賃の算定値上げ基準」が入居契約書などに記載されているので、必ず目を通しておきましょう。

【苦情受け付けについて】
重要事項説明書には必ず記載があります。
直接苦情は言いにくいものです。
施設の窓口だけでなく、各都道府県や第三者機関も併載されているのでチェックしておきます。

【提携医療機関・協力内容】
重要事項説明書には、必ず提携医療機関の記載があります。
どのような協力内容があるか、どのような協力関係があるか、しっかり確認しておきましょう。
●入退院時の送迎の有無
●施設と提携医療機関で、カルテの共有があるか
●定期検診の頻度 など

【面会・来訪・外泊】 
基本的に、入居者、その家族の出入りが自由であることが望ましいと思います。
家族の面会や、外出外泊を制限する施設もありますが、このようなホームは管理する傾向が強いといえます。

主なポイントを上げてみましたが。これ以外にも気になる点があれば納得がいくまで説明を受けましょう。
疑問を抱えたままでの入居は、トラブルの原因になります。
重要なのは、候補の施設は1カ所に絞らず、少しでも気になる所は遠慮せずに資料を集めることです。
契約する際は「重要事項説明書」「入所契約書」「管理規定」などの契約書にサインしなければなりません。
契約を急かすような施設は要注意です。経営状態が悪い施設などは、資金繰りが厳しいため早く契約を結びたがる傾向があります。
契約書にサインする場合は、あくまでもこちらのペースで行うようにしましょう。

老人介護施設の情報収集
老人介護施設について、無料、または有料で、各種相談に応じる専門機関や紹介施設もあります。情報提供だけでなく個別の相談に応じたり、入居後のトラブルなどにも対応してくれるところもあります。困ったことや、問題が起こったら、独りで考え込まず、市役所、区役所など最寄りの高齢者福祉課に、気軽に相談してみましょう。

都道府県の高齢者総合相談センター(シルバー110番)

☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
一時金の返還トラブル注意点
入居一時金の償却システム
一時金の返還・短期解約特例制度
一時金の返還トラブル(退去)
一時金の保全の義務

☆サイト内関連ページです。施設見学の際役立つかもしれません
住み替え先の比較検討
高齢者住宅・施設見学のポイント(予約を入れる)
高齢者住宅・施設見学のポイント(食事の試食)
高齢者住宅・施設見学のポイント(メモを持参)
高齢者住宅・施設見学のポイント(ハード面・居室)
周辺の介護サービス事業者情報
事前見学のポイント(周辺環境のチェック)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較