ケアハウス(自立支援型)

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


ケアハウスを一言で表すとしたら
「見守りと食事の付いた住まい」という言葉で表現できます。

「ケア」というと、介護が付いているように思われがちですが、実際には介護ができるような態勢は整っていません。
ケアハウスは身体的な介護より、生活支援が中心の高齢者施設。
身の回りのことは一応できるけれど、一人で生活するのには多少不安がある、高齢者向けの施設です。
対象となるのは60歳以上の単身者、または本人か配偶者のどちらかが60歳以上の夫婦で、自炊ができない程度の身体機能の低下等の状態で、独立した生活を送るのには不安が大きい人などが対象です。

軽費老人ホームAとの違いは、入居の条件に所得制限がないことです。
厚生労働省の管轄で、地方自治体や社会福祉法人、財団法人、医療法人などの他に、民間事業者も設立、運営しています。
最近では、ハード面でも、有料老人ホームと比べて充実した施設も多くなってきました。

有料老人ホームとの違いは、国や都道府県による建設費助成や、年収に応じて国庫助成があるので、費用面の負担が軽く、割安な費用で入居できることです。

介護が必要になった場合の対応は、各ケアハウスによって異なるので、入居前に必ず確認しておきましょう。

だいたい24時間スタッフが常駐しており、緊急の場合助けを求めることもできます。食事は併設の施設で提供される場合が多く、お風呂は共同です。外出や外泊も自由にでき、自立期には自宅にいるときと変わらない生活が送れます。
         

▼ケアハウス(自立支援型) 概要

【入居対象者】
60歳以上の単身者。その配偶者
身の回りのことは自分でできるけれど、生活に不安がある人

【設備仕様】
個  室 21.6?以上
2人部屋 31.9?以上
施設によって異なるが、居室に洗面台、トイレ、緊急通報装置
冷暖房、ミニキッチンなどの設備がある。

【入居時に掛かる費用】
入居一時金 施設によって必要な場合がある。
管理費 家賃相当額。一括納入方式、分割式、併用方式などがある。

【月々の費用】
・管理費(家賃相当額)
・生活費 食費・入浴・清掃など
・事務費 施設運営のための人件費・修繕費など
・その他 水道光熱費・通信費

老人介護施設の情報収集
老人介護施設について、無料、または有料で、各種相談に応じる専門機関や紹介施設もあります。情報提供だけでなく個別の相談に応じたり、入居後のトラブルなどにも対応してくれるところもあります。困ったことや、問題が起こったら、独りで考え込まず、市役所、区役所など最寄りの高齢者福祉課に、気軽に相談してみましょう。

都道府県の高齢者総合相談センター(シルバー110番)

☆高齢者住宅に関する相談機関です。よければ併せてご覧下さい
(財)高齢者住宅財団
住み替え支援機構(JTI)
高齢者住宅情報センター
介護サービス情報公表支援センター
(社)全国有料老人ホーム協会
介護情報館/有料老人ホームシニア住宅情報館

☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
リバースモーゲージとは
施設の入居時に必要な身元引受人
任意後見制度の利用
任意後見制度・利用の流れ
家賃債務保証制度とは(利用条件)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較