シニアマンション(高齢者ケア対応型マンション)

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


シニアマンションとは、
高齢者のための分譲、または賃貸マンションのことです。
法律で定める明確な規定がないため、「高齢者ケア付きマンション」「介護付高齢者マンション」「シルバーマンション」などなどさまざま呼称があります。

利用料は、マンションの分譲価格、あるいは賃貸料の他に、様々なサービスを付加した管理費を支払うのが一般的です。
食事の提供や、ヘルパーさんの派遣、医療機関との提携、緊急時の対応などサービスに関しては、各シニアマンション毎に違います。
介護保険に関しては、居宅サ-ビスを利用することになります。高齢者向けのサービスの充実に加え、快適性や自由度から、最近になってシニア向けの分譲マンションの人気が高まってきました。

居室のバリアフリー仕様、緊急用のコールボタンの設置、車椅子用のキッチン仕様、ゆとりを持った浴室、トイレ、共用施設には、専用レストランや大浴場、ゲストルームライブラリー、ホビールーム備えているところもあります。また、テナントとして診療所や、介護サービス事業所が入っているシニアマンションもでてきました。

シニア向けの分譲マンションの人気は、自立期における安心と自由の両方をかなえてくれる選択肢であるという点が、大きなポイントのようです。

入居時に多額の一時金がかかる有料老人ホームと購入費用がかかる分譲マンションの大きな違いは、やはり『資産として保有できるかどうか』
でしょう。

▼シニアマンション(高齢者ケア対応型マンション) 概要

【権利形態】
 所有権
 資産として保有できるため、相続、賃貸、売却が可能

【運営の主体】
 入居者による管理組合、または委託した管理運営会社

【負担費用】
 マンションの購入費用、購入諸費用
 管理費、修繕積立金、固定資産税、有料施設利用分、
 生活に掛かる費用全般(光熱費・水道・食費など)

【利  点】
 資産として保有できるため、相続、賃貸、売却が可能
 バリアフリーなど、加齢に配慮した設計や設備である
 加齢に配慮したサービスを受けられ、プライバシーが守られる
 自宅と同じように自由な暮らしが続けられ、サポートも充実している
 テナントとして診療所や介護サービス事業が入っている物件もあり

【注意点】
通常のマンションより共用スペースが多い分販売価格、管理費などが割高。要介護になった時、実質的に住み続けられるか。生活困難になった場合、更に介護施設などへの住み替えが必要です。子供に相続した場合でも、月々の固定費は払い続けなければなりません。

子供に相続した場合でも、月々の固定費は払い続けなければなりませんがそれぞれに違った事情があるのは当然です。シニア向け分譲マンションで重要なのは、介護が必要になったときの対応をしっかりと確認しておくということだと思います。

老人介護施設の情報収集
老人介護施設について、無料、または有料で、各種相談に応じる専門機関や紹介施設もあります。情報提供だけでなく個別の相談に応じたり、入居後のトラブルなどにも対応してくれるところもあります。困ったことや、問題が起こったら、独りで考え込まず、市役所、区役所など最寄りの高齢者福祉課に、気軽に相談してみましょう。

都道府県の高齢者総合相談センター(シルバー110番)

☆閲覧の多いページです。よければ併せてご覧下さい
一時金の返還トラブル注意点
入居一時金の償却システム
一時金の返還・短期解約特例制度
一時金の返還トラブル(退去)
一時金の保全の義務

☆高齢者住宅の相談関連ページです。よければあわせてご覧ください
(財)高齢者住宅財団
住み替え支援機構(JTI)
高齢者住宅情報センター
介護サービス情報公表支援センター
(社)全国有料老人ホーム協会
介護情報館/有料老人ホームシニア住宅情報館

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較