事前見学のポイント(予約を入れる)

『高齢者住宅・施設住み替え情報館』へようこそ。

高齢者施設の選び方、安否確認システムから公的機関のサービスまで、役立つ情報を厳選してお届けいたします。

ごゆっくりご覧ください。


住み替え先を決めるには、事前の施設見学が大事です。
少なくとも2~3カ所は比較検討した方がよいでしょう。

見学したい住み替え施設の候補が決まったら、あらかじめ、見学先に予約を入れてから出かけましょう。
電話で予約を行う場合は、その時の対応も判断材料の一つになります。
職員の対応の一つ一つに事業者の姿勢が表れるからです

候補が決まると、一刻でも早く見に行きたくなるかもしれませんが、急に訪問すると担当者が不在であったり、案内や説明をするのに十分な時間が取れない場合もあります。
契約してしまえば、長く利用することになるわけですから、細部にわたって一つ一つ見ていく為にも、担当者に案内してもらい、納得いくまで説明してもらいましょう。
わからないことがあればどんどん聞きます。もちろんその時の施設担当者の応対も、見るべきポイントの一つです。

最初の施設を気に入ってしまい、すぐに決めてしまいたくなる話もよく耳にします。その気持ちをぐっと抑えて、何カ所かの施設を見学し、細部まで比較してみることをおすすめします。数ヶ所見学する事で、だいたいの感じだつかめてきますし、見るべきポイントもわかってきます。

事業者の説明も、初めのうちこそ分からないことが多々あると思いますが、数件見学していく内に見るべきポイントや尋ねたいことも、自然とまとまってきます。

これからの日々を過ごす場所になるわけですから、なるだけ快適に過ごせる場所を選びたいもの。
そのためにも、見学したい住み替え施設の候補が決まったら、早めに見学先に予約を入れましょう。

老人介護施設の情報収集
老人介護施設について、無料、または有料で、各種相談に応じる専門機関や紹介施設もあります。情報提供だけでなく個別の相談に応じたり、入居後のトラブルなどにも対応してくれるところもあります。困ったことや、問題が起こったら、独りで考え込まず、市役所、区役所など最寄りの高齢者福祉課に、気軽に相談してみましょう。

都道府県の高齢者総合相談センター(シルバー110番)

☆サイト内関連ページです。よければ参考になさってください
一時金の返還トラブル注意点
入居一時金の償却システム
一時金の返還・短期解約特例制度
一時金の返還トラブル(退去)
一時金の保全の義務

☆高齢者住宅に関する相談機関です。よければ併せてご覧下さい
(財)高齢者住宅財団
住み替え支援機構(JTI)
高齢者住宅情報センター
介護サービス情報公表支援センター
(社)全国有料老人ホーム協会
介護情報館/有料老人ホームシニア住宅情報館

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

高齢者見守り 比較